食べて満腹しながら痩せるというのが
多くの方々の本音であることが前回
お話であなたにもお分かりいただけましたね。

たしかに褐色脂肪細胞は、体温を維持する上で
欠かせません。以前あなたにお話したように、
体温が低いと、

● 病気への抵抗力が低くなる
● 代謝が下がる

ということになります。

でも、前回、前々回の内容でお分かりいただけた
と思いますが、

褐色脂肪細胞があまりに活発すぎたり、
数が多すぎたりすると、かえって

あなたは食べる喜びを失ってしまうかもしれない
ということなんですね。

ただやたらとカロリーを燃焼させるだけの
体になっても都合が悪いわけです。

満腹による満足度が低いのに、やたらと食物を
要求する体、車で言うとところの、「燃費の悪い」体
ですね。

● 燃費が良く(=お腹が空きにくく)、そのうえ
太りにくい食べ物

● 同じ量食べても、より大きな満腹感が得られる
テクニック

これらのことについて、まだまだあなたにお伝え
したいのですが、、、

実は、いくつか問題があって、ブログでは
これ以上はお伝えできません。

というのは、

話す内容の量が多い、また、ブログでは順番が
指定できないので話が分かりにくくなりやすい
のですね。

ですから、現在では以上の内容を全てメール講座で
1つずつ順を追ってお話させてもらっています。

もしあなたに興味があれば、以下のページの下の方に
申し込みコーナーがあります。

→ 燃費が良く、太りにくい食べ物で痩せる方法

➡ 褐色脂肪細胞を増やす方法 はじめに戻る