褐色脂肪細胞を増やす方法


褐色脂肪細胞を増やす、活性化する方法、その他の痩せる方法をお届けします。褐色脂肪細胞の働きが悪いと、体温が下がって痩せにくくなります。要注意。
Search the Blog

褐色脂肪細胞を増やす方法、増やし方、活性化方法を知って、褐色脂肪細胞でカロリーを燃焼しながら痩せるというのも、ダイエットでの成功に欠かせません。褐色脂肪細胞の働きが悪いと、体温が下がって代謝が落ちるからです。しかし、褐色脂肪細胞が活発になりすぎても不都合がありそうです。あなたもよく褐色脂肪細胞を理解して、賢くダイエットしましょう。


褐色脂肪細胞を増やす方法

褐色脂肪細胞をふやす.

褐色脂肪細胞痩せるために必要な細胞です。
面白いのは「脂肪」細胞なのに、余分なカロリーを消費してくれる
細胞なんです。

脂肪でカロリーが燃焼されるのはなぜ?
というあなたの疑問に簡単にお答えしますね。
詳しくは次のページを読んでね。

主な目的は体温維持
褐色脂肪細胞が働かないと、あなたの体温がガクッと下がって
しまうでしょう。

あと、筋肉という細胞がカロリー消費して
くれることはあなたもご存知ですよね。

運動の選手は、筋肉が発達していて、
そこを使うことにより、食べた栄養が燃焼して
いきます。だから太りにくい。

ところが、この褐色脂肪細胞というのは、筋肉ではなく
れっきとした脂肪細胞にも関わらず、どうしてエネルギーを
燃やしてくれるのでしょうか?

それは、

褐色脂肪細胞内に、カロリー燃焼工場


が大量に存在するからです。
カロリー燃焼工場とはミトコンドリアと 呼ばれるものです。

それが褐色脂肪細胞には数多く含まれていて、
通常は、食べ物の摂取などが原因であなたの体内で
脂肪が増えすぎると、

余分な脂肪を燃焼するため、褐色脂肪細胞が
大活躍してくれるのです。

そういうわけで、

●褐色脂肪細胞の活動が活発な人、


あるいは、

●褐色脂肪細胞の数が多い人

は痩せる体質の場合が多いのです。

反対に、褐色脂肪細胞の数が少なかったり、
褐色脂肪細胞の働きが鈍い場合は、太りやすい体質に
なる可能性が高くなります。

でも、褐色脂肪細胞が活発であっても、
実際には、あなたが望むような痩せ方に
なるかどうかは疑問が残されています。

あなたが何かを食べる目的は何? その答えによっては、褐色脂肪細胞は
必ずしもあなたの期待に沿うものではない可能性も
大いにあるのです。

その点については後でお話しするとし、
まずは、褐色脂肪細胞の活動が活発な人とは?


→ 褐色脂肪細胞と赤ん坊

■ 以下は最新の5記事です。

褐色脂肪細胞をふやす方法を探るため、
Yu-Hua Tseng博士とAtul J. Butte博士は
2005年夏、やはり「褐色脂肪細胞の前段階細胞」 続きを読む »

褐色脂肪細胞は大人になると大幅に減少します。
でも、完全に消えてなくなっているのではないらしい
のですね。 続きを読む »

食べて満腹しながら痩せるというのが
多くの方々の本音であることが前回
お話であなたにもお分かりいただけましたね。 続きを読む »

褐色脂肪細胞が活発すぎると、いつまでも
満腹にならない可能性が高くなりますね。理由は前回
あなたにお話しました。 続きを読む »

褐色脂肪細胞が一部の人たちの間で活発に
働き、大食いしても太らない原因になっているようです。 続きを読む »

褐色脂肪細胞の増やし方は2つほどあります。
どうしても褐色脂肪細胞を増やしたいという
場合に限ってやってみるといいでしょう。
続きを読む »

褐色脂肪細胞を活性化する方法があります。
自分で褐色脂肪細胞を活性化して痩せたい場合
などに、次の方法をやってみてください。 続きを読む »

褐色脂肪細胞を一番たくさん持っているのは、
赤ん坊。大人になると、徐々に褐色脂肪細胞の数が減って、
赤ん坊の頃の4割程度まで減少するそうです。 続きを読む »



サイトナビゲーション

dummy dummy dummy